スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルカナロード:第1回L1到着

本日L1テイルが到着しました。



L1『ウェイク・ザ・ワールド』赤井流久テラー/6ページ/NPC5人/PC10人



名簿を見て、PC数の少なさに目を疑いました。人数少ないわりには、志心塾と陵雲館それぞれの学士と、学士以外のPCとがいて、それなりにバランス良い取り合わせのような気がしますが(志心塾が多めですが)……WOSのN1リードもいい加減少人数でしたが、それを上回ってくるとは(^^;



追記にちょっと内容をまとめてみましたが、例によって間違ってる可能性があるのでご了承ください。ご希望の方はPDFファイルをお渡ししますので、遠慮なくお申し付けください。

『テイエム』

志願者の脳内に擬似世界を構築させ、そのありのままを実体験させる機械。志願者は一種の睡眠状態となる。そして擬似世界中では本来の記憶や経験はなくなって、その世界でずっと生きていたかのような体験をする。秘石を動力とするためヒト族しか扱えず、マダラの志願者は媒体となるヒト族の身体に触れておく必要がある。



この『テイエム』を使って、理論が机上の空論であるかどうかを判断しているそうで、今回は「急ごしらえの囮の緑地に魔族を引き付けて、その間に本当の計画地で緑化を進める」という計画を実施して失敗。この計画を出したシボンという学士が、失敗の検証をするという名目で自分の妄想通りの擬似世界を体験しようと企んでいる様子です。



陵雲館のジグラは、先日志心塾に敗れたことで、マダラ族への嫌悪感を益々募らせ、市場でマダラの屋台に乱暴を働いて、PCさんに取り押さえられてました。



来月、陵雲館と志心塾が共同で『テイエム』での実験を行う予定で、「砂漠化抑止の次なる一手として、まずはどのような世界であるのが相応しいか」を提案するという課題が出されてます。ちなみに陵雲館や志心塾に属してないPCでも提案できるみたいです。

それと同時に、両塾による定期討論会も行われる予定です。



次回GP

L11 討論会に出席する

L12 『テイエム』に志願する

L13 シボンに協力する

L14 『テイエム』を守る



NPC一覧

○シボン(17歳/名持ち/学士/志心塾門下生/男)

○バキョウ(34歳/ヒト族/学者/志心塾塾長/男)

○カホウ(37歳/ヒト族/学者/陵雲館館長/男)

○ジグラ(19歳/ヒト族/学士/陵雲館門下生/男)

○ライマン(31歳/ヒト族/学士/陵雲館門下生/男)
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

雨森

Author:雨森
過去PBMのPCデータ
以前のPBMブログ(更新停止)
ドール関連ブログ

スタッフ参加中


メールフォーム


Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

pictlayer

画像クリックでレイヤー表示します。
元に戻るには、もう一度画像をクリックしてください。

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。