スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルカナロード:最終回C1

本日到着しました。これでアルカナロードも本編は全て終了ですね。

F本には、一応投稿しようと準備中です。特別テイルを追加で申し込むかどうかは、ちょっと悩むところなんですが……。



C1『泣いて笑って、また明日』芦ノ原萌テラー/10ページ/NPC11人/PC20人

押韻を偽造していたジュンセイは、その罪で首をはねられてしまいました。押韻はPCさんの手によって破壊され、チンランが新たな大名主になったみたいです。坦坦麺の屋台は上京の祭でも盛況だったようで、ヒトとマダラのあり方も少しずつ変わっていくのかな……と感じられる最終回でした。

それにしても、ヨウシン様の放つオーラで眩しくて前が見えない(貧しいマダラ限定)とか……初耳でビックリです。いやー、流石ヨウシン様は只者ではないですね(ぉ



自PCについては追記で。

ルイルイはチャンルォと一緒に食堂の手伝いをしながら、チャンルォが皆と仲良くできるように手伝うというアクトでした。黒猫のヘイシンについても、ちょっとアクトで触れてたのですが、今回もテイルに登場していたのが嬉しかったです。

ルイルイ→チャンルォは淡い恋心だったりするのですが、今はチャンルォの傍にいて少しでも支えになれたら十分と思っていたので、「ずっとチャンルォの傍にいる」と約束できたし、満足ですv 直接名前は出てませんが、イーシエのことが会話に出てきたのも、嬉しいです。以前、チャンルォが死んだ者は忘れられるまで人の心に居つくと言ってましたが、その意味では、イーシエもまだC1の世界に存在してるんですね。



↓ テイルのシチュで、ルイルイがチャンルォを慰める(?)シーンです。

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

雨森

Author:雨森
過去PBMのPCデータ
以前のPBMブログ(更新停止)
ドール関連ブログ

スタッフ参加中


メールフォーム


Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

pictlayer

画像クリックでレイヤー表示します。
元に戻るには、もう一度画像をクリックしてください。

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。