スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回テイル感想 F1

通常締め切りの7PC分は、昨日速達で提出しました。5PC分ほど一気にログに清書したら、最後の方で手が攣りそうになったり……次から、一度に清書するのは4PCまでにします(--;

残るは8日に締め切りが延びたF1なんですが……状況的にGPは限られそうですが、手段が思い付かなくて困ってます。魔術師は、予め準備できない状況だと弱いですね(^^;

レイジから要求されたニグル・マグスに関する資料をオカルティスト・ギルドから持ち出したPC達は、レイジに自分と共に来るようにと誘われました。テロリストとしての根回しを続けるレイジは、一ヵ月後、協力者を廃工場に集めます。そこでレイジは、エデンの中に日本を作り直すという理想を語り、その第一歩としてオカルティストギルドのトップであるバンデラスを引き摺り下ろすようにと告げます。

『地下宮殿』に捕らわれていたPC達は、ラドゥを倒し(?)、魔道機械に入れられたホタルを救出して、宮殿から脱出します。宮殿の門の外には、『漆黒の馬車』のためのスロープとは別に、階段が上空へと伸びていました。階段の先は吹雪の吹き荒れる空間であり、そこで急な強風に襲われて気を失ったPC達は、見覚えのない石畳の上で目を醒まします。そして、ホタルだけが姿を消していました。

スカーワイバーンが率いるパーティーは、『永久迷宮』地下3階に進み、マグマに潜む巨大な黒蛇とゾンビとの戦闘の末、ゾンビを倒します。黒蛇はゾンビを飲み込んで食欲を満たしたのか、再びマグマの中に姿を消します。そのまま地下4階に進むと、そこは鏡とガラスの迷宮になっていました。そこで、見たものの姿に化け記憶まで真似る『ドッペルゲンガー』が現れ、パーティーのメンバーに化けて襲ってきます。

地下2階の探索を続けるパーティーは、『漆黒の馬車』が通る扉が開くのを目撃し、馬車が出て行った隙に扉に飛び込みます。扉の向こうは暗く、スロープが奥へと続いていました。そこに炎の剣を持つ巨大な魔物が待ち受けており、魔物に気付かれたパーティーは、魔物に追われながらスロープを駆け下ります。

一旦迷宮の入り口に戻ったクリープのパーティーは、『漆黒の馬車』を倒すために迷宮に来たガーディアンズと合流します。丁度そこに『漆黒の馬車』が出現。その場に居合わせた者達は協力して御者を倒し、御者の懐から水晶球を入手します。



上の要約で「ラドゥを倒した(?)」と書きましたが、実際どうなのかは微妙なところです。動かなくなったところにトドメの攻撃もしてましたが、元々傷から血が流れなかったりして、そもそも生きてたのかどうかも微妙な感じが……。その後、ニグル・マグスがPCさんの一人と交信する場面があるのですが、「ラドゥが戻ってくるまで」とか言ってたので、また復活しそうな気はします。『漆黒の馬車』との戦闘中、テレパスを使ったPCさんが「『串刺し公』の城を攻める兵士たち」のビジョンを見たのですが……ちょっとぐぐってみたらウラド・ツェペシュの弟がラドゥというそうなので、何か関係がありそうですね。

相変わらず迷宮はドキドキワクワクです。鏡の迷宮とか、響きだけでときめいてしまいます。それ程長い付き合いではないパーティーで、ドッペルゲンガーを相手にするというシチュエーションも、何かドラマが生まれそうでドキドキ……いや、自PCはそっちのルートじゃないんですが(^^;

レイオンは、現在炎の魔物に追われてる身です。準備とかする暇なく追われてるので、使えそうな手段が思い付かなくて悩んでます。一番早く出せる魔法でも数分かかるし、それも『火の印』だから炎の魔物相手に効くのかとか(汗) こういう時、ダブルチャイルドさんが羨ましくなりますね。締め切りまでもうちょっと時間があるので、ギリギリまで悩むことにします。

相変わらずヘテロクロミアが可愛いです。そして、レイオンが普通に「ミア」と呼んでたので、レイオンも愛称呼びして良いんだーと浮き浮きしてました。次は是非、ミアちゃんから「レイ」と呼ばれてみたい(ぉ
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

雨森

Author:雨森
過去PBMのPCデータ
以前のPBMブログ(更新停止)
ドール関連ブログ

スタッフ参加中


メールフォーム


Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

pictlayer

画像クリックでレイヤー表示します。
元に戻るには、もう一度画像をクリックしてください。

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。