スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回テイル感想 I1

第4回テイル感想その3。

I1。

第一階層に存在する研究所。そこにいる『ゼロ』と名付けられた一人の赤ん坊は、既にSランクの能力を身につけていました。赤ん坊は数週間で四歳児の姿に成長し、ゲヘナブリゲードに入隊してエデンを守るという夢を語ります。

ルフィアロモ王女と同行者達は、預言書探索のために第七階層のヤーパンタウンに向かいました。預言書を消そうとする『クリスタルナハト』幹部シロー・ツユクサに襲われますが、無事にヤーパンタウンの魔術師セイメイ・アベノバシの屋敷に辿り着きます。第七階層では、元新世界連合エデン支部長も郵便配送業者に偽装した組織『メール・イン・ブラック』を立ち上げ、ダブルチャイルドへの復讐を図っています。

ダークグリフォン連隊は、新世界連合のフィラデルフィア基地へ侵攻します。その隊員達の前に一人の少女が現れ、攻撃を仕掛けてきました。直後に現れたベティゴールドにより、アリスはベティの娘であり、新世界連合の科学者により培養されたことが明かされます。また、連合の『天使兵器』と呼ばれる白い翼を持つ人型兵器が投入され、ダークグリフォン連隊は200名の隊員とウルフガン大佐を失うという大打撃を受けて敗退します。

ブラジル大統領府では、アドリアーノ将軍がドゥンガ大統領を拘束し、新政府を樹立しました。ドゥンガ大統領は、ブラジルに潜入していたダークグリフォン隊員により救出されます。新ブラジル連邦は新世界連合と手を組み、ブラジリア周辺の空港では新世界連合が着々とエデン侵攻の準備を進めています。



まさかウルフガン大佐が死亡するとは、全く予想してなかったのでショックでした。一般の隊員にもかなりの被害が出てしまいましたし……今まで、戦闘場面ではダブルチャイルドの能力の強さが目立ってたのですが、天使兵器はちょっと手の打ちようがない感じで、次回のアクトの手段に悩みます。

アリスとかゼロとか、かなりあっさりと短期間で成長しているのにビックリです。ダブルチャイルドだと、成長を速めやすかったりするんでしょうか。エデンも新世界連合も似たようなことをしてるんだなぁと思うと、ある意味面白いです。人間のやることは、どこでも同じってことでしょうか。

預言書方面はPCとしては関われないけど気になってる部分なんですが、今回は直接的な情報を得る所まで行きませんでした。やはり、預言書の内容が明かされるのは終盤になるんでしょうか。待ち遠しい……。

アズサはディヤーブさんと同じ隊で行動していました。会話もあれば嬉しかったのですが、戦闘中でそんな余裕もなかった感じでしょうか。……ちょっと残念です。
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

雨森

Author:雨森
過去PBMのPCデータ
以前のPBMブログ(更新停止)
ドール関連ブログ

スタッフ参加中


メールフォーム


Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

pictlayer

画像クリックでレイヤー表示します。
元に戻るには、もう一度画像をクリックしてください。

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。