スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回感想 D1

G1に★が点きました。明日明後日くらいには我が家にも到着するでしょうか。

遅くなりましたが、第5回テイルの感想です。とりあえずD1のみですが、残りも今週末には全部UPしたいです。

旧東ディセノヴァ人による暴動は、西ディセノヴァ政府施設とEEUの各国大使館を占拠しつつ、街の中心にある旧東ディセノヴァ王城へと迫ります。それは、魔界を望む者達が一斉に街の中央に集まり、魔界融合の儀式を完遂するためでした。聖杯騎士、フリーマンが儀式に突入して乱戦となり、アスタロトは致命傷を受けます。主を探して王城に辿り着いたリンモンにより、皆がアスタロトだと思っていた青年の正体が、リンモンの主であるアンドロマリウスであったことが判明しますが、彼はそのまま崩れ去ってしまいます。マダムが『ルシファーの笛』を吹いたことで魔界融合が起こり、旧東ディセノヴァは魔界の大地に覆われました。街の郊外にはアスタロトの城が出現し、魔界に続く穴から現れた無数のデビルにより、虐殺が始まります。

ルドルフは、街に敷かれた巨大魔法陣は、魔界融合のためのものだと判断した上で、それを放置するように部下の魔術師に命じていました。彼は、この街を第二のエデンとし、その覇者として君臨するという野望を語ります。

新世界連合陣営には、本国から巨大な天使を模した新兵器が到着します。また、聖処女の下には、枢機卿オルギナ・フィフスから「対デビル用の援軍を送る」という手紙が届いていました。



魔界融合が起こってしまいました。まぁ、阻止は難しいだろうと思っていたので、ここからが本当の勝負でしょうか。魔界融合が起こると、世界規模の災厄が生じると思っていたのですが、今の所は東ディセノヴァが魔界の大地に覆われただけで、外への影響はないようですね。とはいえ、現れたデビルによって、デビル信者もあっさり食い殺されるような状態なので、早く事態を収拾したいところです。

アスタロトは、当初「これって本当のアスタロト?」と思っていたのですが、第5回になってNPC一覧にも「アスタロト」と表示されるようになったので、「やっぱり本物だったのかな」と信じたところで……騙されてたorz リンモンやエンジェルクワイアPCさんとのやり取りとか見ると、優しいデビルさんだったんでしょうか。片言っぽいリンモンが、ちょっと可愛いなーと思えてしまうので、主と再会したと思ったらお別れになってしまって、ちょっと可哀想でした。

ルドルフは、EEUの財閥役員なんかやってるので、魔界融合の阻止に乗り出してくれるかと期待もしていたのですが……あっさりとEEU全てを「ニエ」にすると言ってくれました。そっちに来たかー。F1の第6回アクトでは、ルドルフと連絡を取ってミアちゃんのことを聞く方向で考えていたのですが、ルドルフは魔界融合で忙しそうなので、期待薄ですね。元々、協力的に何でも教えてくれるとは思ってなかったので、情報が来ないなら来ないなりに動くつもりではあったのですが。

セシルは、儀式に『デモンズロッホ』の衣装を着て潜入→【ソドムの雷】でアスタロト(偽)を攻撃しましたが、これはあっさり回避されてました。マダム側PCさんの、聖処女を抱えてフルスイングする荒業「聖処女ドロップキック」の的になり、「なんて卑怯な技なんだ」と普通に返してたのに笑いました。

メリッサは、前回アスタロト側に付いたフリーマンPCさんの情報を聖杯騎士にリークして、【ファラオの追跡】でPCさんとアスタロトの居場所を探してもらうという作戦が成功してました。ディーディーにも「旨いこと考えたな」と褒められてたので、ちょっと嬉しかったです。肩をポンと叩かれたり、逆にディーディーの肩を叩いたり、細かなスキンシップ描写に、一々ときめいてました。【ボム】を背後に【アポーツ】させてぶつけるアクトも成功してたんですが、その前にディーディーに怪我をさせてしまったので、ちょっと反省気味です。
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

雨森

Author:雨森
過去PBMのPCデータ
以前のPBMブログ(更新停止)
ドール関連ブログ

スタッフ参加中


メールフォーム


Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

pictlayer

画像クリックでレイヤー表示します。
元に戻るには、もう一度画像をクリックしてください。

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。